カードローンにも、様々なタイプがあります。中には事業用の商品も存在するのです。
そもそも事業を営んでいる方々は、たまに運転資金を確保したいと考えているのです。事業投資が必要になるケースも、多々あるでしょう。
ところでカードローンは、原則として事業目的で借りるのは難しくなります。大抵それは、商品概要のページに掲載されているのです。原則として利用目的は自由になりますが、事業資金は例外と書いているケースがほとんどなのです。

しかし、それもカードローン次第です。それはあくまでも個人利用が前提になっている商品の話です。個人利用ではなく、事業目的に特化したカードローンも、中にはあります。そういう商品ならば、運転資金などで借りる事も可能です。
ただ事業用のカードローンとなると、年数が1つのポイントになると考えた方が良いでしょう。そもそも事業を営んでいる方々は、それぞれ年数に関する違いがあります。開業して間もない方々も見られますし、既に10年ほど経過した方々など、それこそ色々とあるのです。

事業目的のカード商品で有利なのは、やはり後者の方々になります。10年も事業を営んでいるとなると、それなりに返済力が高いと判断されれからです。基準などの詳細はこちらのページを読んでみて下さい。
思えば個人向けのカードローンでも、様々な年数が重視される事になるでしょう。居住年数や勤続年数などが重視されるのです。それと同じようなルールは、事業目的のカードでも採用されている訳です。年数が重視される点は、この商品の特長と言えるでしょう。