プロミスで家族や職場にバレないようにお金を借りたい場合、具体的にどのような申し込み方法を選択すれば良いでしょうか。
まずプロミスにはWebでの申し込み方法と来店での申し込み方法があります。Web申し込みを選択した場合、パソコンや携帯電話から必要事項を入力することになりますが、「かんたん入力」と「フル入力」のどちらかを選ぶようになっています。
「かんたん入力」を選んだら、こちらからの入力内容は最小限で済み、後はプロミス側からの電話聞き取りによって残りの項目が完成されます。

一方「フル入力」はこちらで全ての必要事項に入力し、完成させてしまいますので、プロミス側から電話がかかってくることはありません。
そうすると、「かんたん入力」は一見楽に手続きができて魅力的ですが、プロミスからの電話があるため、早速周囲にバレてしまう可能性があります。よってまず申し込みの第一段階では「フル入力」を選択するのが正解でしょう。

次に審査結果の通知方法ですが、予め申し込み時にメールか電話かを選ぶことができますので、ここでもメールを選びましょう。そして審査結果の通知が来てからが肝心で、返済方法を口座振替かATMによる返済かを選ぶことになるのですが、ATMを選択すると自宅に契約書類一式とカードが郵送されてきます。
ここまで家族にバレずに順調に進んできた人も、ATMを選んだせいで今までの努力が水の泡にならないよう気をつけなければなりません。

一方、口座振替は引き続きWeb上で口座登録を行います。その後はカードの郵送を希望するかどうかを選択して手続き完了となるわけですが、ここでは忘れずに「カード郵送希望なし」を選び、カードは店舗で受け取りましょう。最後の最後でうっかり郵送希望にした状態でいたら、カードが自宅に送られてきてバレてしまいます。

以上のように、Web上で申し込んだ場合、最終段階まで気を抜かずに手続き方法を選択していけば、誰にも知られることなくお金を借りることができます。遅い時間からの申し込みを除けば、大抵の場合はプロミス即日での借り入れに間に合います。
もし、Web上で順を追って進めていくのが面倒だったり急いでいる場合は、身分証を持参して直接店舗か無人契約機で申し込むのが良いでしょう。契約書類をその場で作成して、カードをすぐに受け取ることができます。Web上での申し込みと違って、いつ連絡があるかなどと審査の段階で生じる余計な不安を感じずに済みます。来店契約の場合は自ら周りに告げない限りはバレませんし、手続きも短時間で完結するのがメリットと言えるでしょう。

ただし、例外的にプロミス側から電話や郵送物が送られてくる可能性もあります。返済を延滞した場合やコンビニなどの提携ATMを利用した時です。
延滞した場合、本人の希望する連絡先に電話をかけてきますのでその点では問題はあまりないのですが、拒否して電話に出なかったりすると郵送物で督促するという第二の手段へと進むことがあるようです。

また、コンビニなどの提携ATMでは明細書が発行されないこともあり、後から郵送で明細書を送ってくることがあるとのこと。プロミスからの郵便物は全て「事務センター」と記載されて送られてきますので、消費者金融から送られてきた郵便物とは気づきにくいでしょう。ですが中身を万が一誰かに見られたら即気づかれます。ですので、その点にも注意が必要でしょう。

上述したように例外に挙げた行動をしなければ周囲にバレるような連絡方法がとられることはまずありません。日頃から自分の行動に抜かりのないように気をつけて過ごせば、誰にも知られず安全にプロミスからお金を借りることができるでしょう。